menu
栃木南支部

真岡道場 益子道場 上三川教室 清原台教室

責任者 古口文男

試合に「負ける」ことは大切!

2018.12.09

真岡道場 坂本貴司

限界までやり込み【試合】に出場することもなく、道場を辞めてしまう子どもたちがいます。

これはとてももったいないことです。

なぜなら試合に【勝つ】ことも大切ですが、【負ける】という経験も非常に大切なことだからです。

同世代に自分より【強い人間】・【優れた人間】がいるということを知ることは【人格形成】に大変いい影響を与えます。

 

きちんと【負けた】経験の無い人間は【傲慢】になります。

何の勝負もせず【負ける】という経験の無い人間は、世界が自分中心で動いていると勘違いしがちです。

そのため学校で【弱い者イジメ】などをしてしまうのです。

 

試合に【負けた】ら、どうするか?

【自問自答】しなければなりません。

試合に【勝つ】ためには、どうするか?

 

【努力】するしかありません。

 

極真会館真岡道場では空手だけを学ぶのでは無く、【人生】を学んで下さい。

【努力】する気概を身に付けて下さい。

【成功するための方法論】、それは【努力】することです。

学校の【勉強】も同じです。

サボっていていい点数をとれるわけがありません。

 

将来に対する【夢・目標】を現実のものとしたいなら【努力】するしかありません。

人生とはその様に歩むものです。

そのことを【空手の稽古】を通して学んで下さい。

【努力】することから逃げたら【成功】を勝ち取ることはできません。

 

これは全てのことに当てはまる【普遍的真理】です。

 

ただ間違った【努力】をしていても空手の試合には勝てません。

正しい【努力】をするために、古口先生の指導を受けるのです。

それが極真会館真岡道場で稽古する【意義】です。

 

極真会館創始者である【大山倍達】先生は、生前よく弟子達に言って聞かせた言葉があります。

 

【人事を尽くして天命を待つ】

 

押忍

極真会館坂本派栃木中央支部

0285-77-5819

090-9846-0415

090-9846-0415

0285-84-0720

メールでのお問い合わせ

ページトップへ